スマートフォンの普及が急速に伸びて、Androidアプリの需要も非常に大きくなりました。
Androidアプリは基本的には高度な知識が必要ですが、独学で開発することも可能です。
AndroidアプリはWindowsなどのPCと、ネットワークに接続できる環境が必要になります。
またアプリの開発にはJavaと呼ばれるプログラミング言語を使うことが多いですが、現在では簡単に構築できるツールも多くなっています。
Androidアプリを独学で作成するには、どんなアプリを作るかの構想が重要になります。
パズドラのような大規模なアプリは独学では難しいですが、クイズなどの簡単なものであれば十分に独学で作ることは可能です。
簡単なアプリであれば、サンプルなどもたくさんインターネットで調べられるので、作りたいアプリのモデルから検索することで独学でも勉強していくことができます。
Androidアプリの開発では、機種によって画面のサイズが違うので注意が必要です。
またOSのバージョンによって挙動も異なるので、検証はしっかりと行うことが必要になります。
アプリの開発は独学では難しいと思われていますが、Androidは様々な情報がネットや本で手に入れられるので独学で開発することは十分可能です。