現代社会においてコンピューターソフトウェアは日常生活や業務に欠かせない存在となっています。
Androidはスマートフォンやタブレット端末向けに開発されたOSであり、C言語やJavaなどのプログラミング言語を使って開発を行っていきます。
Androidのアプリの開発環境を整えるには、プログラミング環境やユニットテスト環境の他に、Androidの機能を使えるAPIなどがまとめられたAndroid SDKと呼ばれるツールをOS開発会社のサイトからダウンロードして開発環境にインストールすることが必要です。
Android SDKには、カメラ機能を制御するAPIやデータベースに接続してデータを保存したり、取得したり出来るAPI、電話に関する機能や3Dモデリングされたオブジェクトを動作させることが出来るAPIなどが収録されており、プログラミング言語で書いたプログラムの中で呼び出すことで使うことが出来ます。
Androidの開発環境において、ハードウェアとしては一般的なパソコンがあれば開発をすることが出来ますが、3Dモデルや音楽などの素材を高品質な物にしたい場合には別途グラフィックカードやサウンドカードなどを追加する必要があります。